日本語学校で出会う面白い日常


by tiayngw

<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ガンバレ日本人

 初級の教科書「みんなの日本語」には、
会話文のビデオ教材がある。
出演は全て、プロの俳優ではなくて
教科書の挿絵に顔が似ている一般人だと思われる。

 さて、第28課では、アメリカ人のミラーさんに
近所のおばちゃんが頼み事をする話だった。
断るミラーさんは、「ちょっと時間が・・・・」とか、
「~たいんですが・・・・どうもすみません」とか
非常に日本人らしい口ぶりである。
が、一方のおばちゃんはというと・・・・
断られたと悟るや、
「じゃ、残念ですが」と非常に冷たく言い放ち、
足音も荒々しく去っていくのだった。
見ていた学生達が、
「日本人は怖いです」と驚いていたのは言うまでもない。
「この人は特別です」と言っても、誰も信じない。
誤解だ~!!
・・・教科書なんだから、
「こちらこそすみません」とか、「気にしないで下さい」とか、
おばちゃんももっと日本人らしくしてほしいものである。
[PR]
by tiayngw | 2007-01-31 22:16 | 日本語学校での話

視力検査・・・実は

 先日の健康診断の結果、
目の悪い学生がかなりいるとのデータが出た。
視力0,2とか0.3がごろごろいる??

 しかし、学生のメガネ着用率は低い。
コンタクト使用という訳でもないらしい。
かといって、授業中黒板が見えないということもない。
むしろ、行動からは目がいいと思われる。
もしや、検査の時、日本語間違えたんじゃないだろうか。

 検査方法としては、
①Cの開いているところを言う。
②文字を読む
③魚、鳥などの動物を判定する。
の方法があるのだが、①の場合・・・
日本人の私でも、左を指差しながら「右」と言って、
「手は左になってますね」と突っ込まれたりする。
学生の場合、上下左右を間違うのはもちろん、
」とか「」とか言って
医師を混乱させてたのではなかろうか。

 かといって、
③では、「トリ」とか「魚」という単語を知らない場合がある。
②じゃ無理だろう・・・と思う人が多いだろうが、
実は②が一番妥当だと思われる。
だってひらがなは一番最初に習うから。
初級でも一応読めるのである。
カタカナだと読めないヤツがたまにいるけど。

○○君、カタカナはもう覚えた??

 
[PR]
by tiayngw | 2007-01-30 23:16 | 日本語学校での話

長い一日

 右目に異常が見つかってから半年。
決定的な結論が出ないまま、また再検査に行く事になった。
しかも甲状腺の大きさがおかしいとも言う。
どうなっとるんや~。

 今日は放射線科で30分待ち、
眼科で1時間待ち・・・・
しかも結局「異常は異常だが緊急性はない」
ってことで当分ほっておかれる事になった。
結局分からないのか。

 そして問題はその後だった。
病院は金沢なのだが、
5分の差でバスに乗りそこね、次のバスまでは40分・・・
しょうがなく行ける所まで歩いた。
駅についてみると、12時台の汽車はほとんどない。
ようやく来たかと思ったら、
津幡駅で故障事故の為、当分運転を見合わせます
だと。
北陸線には追い越し車線などない為、
結局金沢駅で2時間半ほど足止めを食ったのだった。

 ・・・次からは車かな。
[PR]
by tiayngw | 2007-01-29 22:50 | つれづれなるままに・・・

運転

 今日のテレビ番組で、「雪道運転講習」というものをやっていた。
しかし、どうせやるなら「雪国装備」というものから教えないと。
南国の人間は「スタッドレスタイヤ」というものを知らないらしい。
今年は暖冬で雪のない北陸なのだが、
毎年冬場に富山を走っている太平洋側ナンバーを見るたび
スタッドレス履いてきたのか??
と確認したくなる。
実は県外ナンバーの地元民なのかもしれないが。

 そして、「スコップ、長靴、スノーブラシ」の
雪国3点セットも必需品。
スコップは三角型ではいけない。それは土掘り用である。
長靴は膝まであって、雪除けフードつきが望ましい。
冬の北陸人の車では、走る度
大概この3点セットがトランクでガコガコ言っている。

 時々県外人に、
「車のドアが凍りつくから、バーナーも要るんだよ~」
・・・と言うのだが、そんなわきゃない。
力任せに開けるか、お湯をもらってくるかだ。
最近は自動エンジンスターターがあるので、
ドアが開かない苦労は減ってきた。

 今年は駐車場掘らなくてもいいから楽だわ~。
[PR]
by tiayngw | 2007-01-28 22:51 | 日本の中の異文化

それでも寒い

 韓国の冬はオンドルがあるから天下無敵~。
日本のうちの中よりよっぽど温かい。
・・・と思っている人が多いようだが、そんなに甘くない。
オンドルには意外な弱点が潜んでいた。

 あれは2003年の旧正月。
韓国にはその冬一番の寒気が訪れていた。
外出するんだから・・・と種火を切ったのが運のつき。
帰ったらオンドルが凍結していた。
スイッチを入れても動かず、しかも正月で業者は休み。
仕方なく、急遽ホームセンターでセラミックヒーターを買い、
コート着用のまま正月を過ごした。
2,3日後修理されるまで、
家の中はツララができているほどの気温だった。
韓国では外出する時でも種火を切ってはいけないのである

 そしてその前の滞在では、オンドルの効きが悪く
修理してもらってもあまり暖かくならない。
仕方なく、セラミックヒーター+コート着用で耐え、
風呂は銭湯通いをしていた。

 居間以外は外気温の家で
鍛えた耐寒能力は意外と役に立ったのだった。
[PR]
by tiayngw | 2007-01-27 22:47 | 韓国雑記

別れは突然やってくる

 学院1の若者T先生が、
家庭事情の為今日で学校を去ることに・・・・
T先生ファンの学生達、明日から落ち込むんでないだろうか。
来週からもちゃんと学校来るのよ~。
そしてもう一人頭を抱えている人物が。
過去何回か、家庭事情で教師を手放してるので
この時期は恐々としているらしい。
一般企業には転勤は付き物らしいが
「転勤は男の勲章」とか「出世の関門」
・・・なんて威張って言わないでもらいたい。
管理側も管理される側もにだ。
家族にも家族の世界があるんだよ~。

 そんなこんなでただ今当学院は非常勤講師募集中。
[PR]
by tiayngw | 2007-01-26 23:54 | 日本語学校での話

サボり癖

 毎日学生達に、
「ちゃんと家でも勉強しなさい」「サボるんじゃない」
・・・と口うるさく言っている私達だが
イザ自分の身になると・・・・

 30過ぎて代謝が落ちてきた上に、運動不足。
この頃体重増加が止まらない・・・・
「運動しなければ」とは思うのだが、
いざジムに行くとなると、
「寝坊した」「動くのめんどくさい」
・・・と学生達の言い訳と全く同じ事を言っている。
しかも1回サボると、次からもズルズルいってしまうのである。
全く人のことは言えない。
「自主的にジョギング」など絶対に続かないだろう。

 誰か運動(ウオーキング、バドミントン、テニス限定)
に付き合ってくれる人いませんか。
ちなみにテニスはホームラン王ですので、
全ての保障は致しかねます。
[PR]
by tiayngw | 2007-01-25 22:03 | つれづれなるままに・・・

カタカナ攻防戦

 中国では全てを漢字で書くためか、
各国の学生達の中でも 特にカタカナ語が苦手である。
・・・だけど、そろそろ「セロテープ」は覚えてね。

 さて、そんな彼らが宿題でカタカナ語のコラムを読んだ。
「この言葉は何のことか?」という質問
(例えば、「リモコン」:テレビを見るとき使います)
には、完璧に答えていた彼らだが・・・回収してみると
カタカナ語にことごとく漢字で何やら書かれていた。
どうやら説明文から絵を識別したのではなく、
言葉を辞書で調べたらしい。
・・・意図としては、そういう問題じゃないのよ。
ちなみに、「コインロッカー」には
「投幣式自動保管箱」(だったかな?)と書かれていた。
まあ、意味は何となく分かるのだが。
[PR]
by tiayngw | 2007-01-24 23:26 | 日本語学校での話

伝説の教授

 この春大学の恩師が定年退官されることになった。
内外の学会ではかなり著名な教授だ。
が・・・
コースには数々の伝説が残っている。

1.板書は全て旧漢字と行書体。判読に苦労を要する。
2.質問をすると、「この辺に出とるさかいに」と
  韓国語で書かれた本を数冊渡される。
3.幽霊学生の書いた論文を
  「字ーきれいやな」とか「きれいにタイプしてあるなー」
  ・・・と評価していた。

 ・・・・・自主的に勉強しろってことね。
[PR]
by tiayngw | 2007-01-23 22:24 | くだらない思い出

3年過ぎて・・・

f0030037_18191165.jpg
2年9ヶ月この学校で勉強していたCさんと
保護者(?)のHさんが帰国前の挨拶に来てくれた。
メイドカフェ計画は実現しなかったが・・・
韓国人のW君を通訳に使っていた頃から
今ではすっかり上達し、
日本語でジョークが言えるようになっている。
どうやら富山弁も多少理解しているらしい。
いっそダニエル・カール富山バージョン目指すとか。

 2級合格といい就職ができるといいねぇ。
日本語でいい知らせ待ってま~す。
(注:英語不可。読めません)
[PR]
by tiayngw | 2007-01-22 18:19 | 日本語学校での話